何となく懐かしい風景。
それは子供の頃に過ごした故郷の風景?、それとも童謡や絵本に出てきた風景の記憶かも知れない。
写真を見ながら、私も子供の頃に友達と駆け巡った野原や田んぼ道、林や山の風景などの遠い記憶が蘇って来ました。
『何時も一緒だった友がき、彼らは元気にしているのかな?』、いちど故郷に帰って何時も遊んだ路地やお宮さんの広場を歩いて見たくなってしまいました。こんな気持ちになるのは、もしかして老化現象のひとつかも知れませんね。
♬ 兎追ひし彼の山 小鮒釣りし彼の川 夢は今も巡りて 忘れ難き故郷 ♬
ついこんな童謡を口遊んでみたくなってしまいます。
『高島市マキノ町の風景、これで締めくくります』
P6240054

P62400532


【絵画風】
HT040046-1sa
【夏】

PB290067artsa
そして【秋】